MENU

女性

将来を考えた学び方

調理専門学校で学ぶ理由として、調理師免許を取得するという人が多いようです。学校の中には卒業すれば、自動的に免許を取得できるシステムになっているとこrもあります。より、スムーズに免許をとりたいなら専門学校で学ぶのがおすすめです。

女性

若い頃から手に職をつける

早い段階で専門技能を身につけようと、調理科の高校へ進学する人が増えています。特徴は高校卒業地点で調理師の免許を無試験で取得できること、調理技術だけでなく食の基礎知識も学べることや同じ志をもったクラスメートと出会えることなどです。

女性

どんな資格か知ろう

バリスタになるためには必ず取得しなければいけないという資格はありません。ですが、代表的な2つの資格を取得しておけば、就職で有利に働きます。資格の種類にはコーヒーマイスターや、JBAバリスタライセンスといった種類が代表的です。

RECOMMEND POST

女性

将来を考えた学び方

調理専門学校で学ぶ理由として、調理師免許を取得するという人が多いようです。学校の中には卒業すれば、自動的に免許を取得できるシステムになっているとこrもあります。より、スムーズに免許をとりたいなら専門学校で学ぶのがおすすめです。

女性

若い頃から手に職をつける

早い段階で専門技能を身につけようと、調理科の高校へ進学する人が増えています。特徴は高校卒業地点で調理師の免許を無試験で取得できること、調理技術だけでなく食の基礎知識も学べることや同じ志をもったクラスメートと出会えることなどです。

技術向上ができる

珈琲

実技対策が充実

カフェ文化が浸透してきている中で注目を集めている仕事のひとつがバリスタです。カフェにおいてエスプレッソをはじめとしたさまざまなドリンクを作る仕事をします。バリスタは国家資格ではないことから、カフェで働くうえで必ず取得しなければいけない資格ではありません。民間の資格でありライセンスを取得するというイメージです。バリスタの資格を取得するためには専門学校で学ぶ必要があります。専門学校での講習内容はエスプレッソに関する基礎的なことから始まり、エスプレッソを淹れるための機器の取り扱い方や、エスプレッソを使用したドリンクの作り方などがあります。受講するためには費用が発生します。資格試験の検定料を含めて10万円程度となっています。レベル別に分かれています。それぞれのレベルで試験内容が異なります。それぞれの試験では筆記試験だけでなく、実技試験も行われます。実技試験においてはエスプレッソの抽出試験が行われることはもちろん、エスプレッソを使用したドリンクであるカプチーノを作る試験も行われます。試験の難易度が高くなるとデザインカプチーノなども作ります。専門学校においては圧倒的な実習量により、技術を確実に身につけることができます。レッスンにおいても生徒ひとりに対する指導時間を確保しているので疑問点なども解決できます。技術を身につけることができるということは、バリスタの資格を取得した後にカフェを開業するときにも生かすことができます。バリスタになった暁には、お客様の感性に働きかけるドリンクメニューを提供することになります。お客様が喜んでくれるメニューを開発するのであれば、味のバランスだけではなく、見栄えが良いメニューをつくるという点にも注目すると良いでしょう。見栄えのよいメニューの撮影を考えるなら、写真の専門学校で学んだプロに依頼するのが一番です。開発したメニューを最も魅力的に撮影する技術を持っているからです。自分で撮影をしたいのであれば、技術を専門学校で学ぶのがお勧めです。

女性

夢への第一歩

調理専門学校は、全国にたくさんあるが、調理師免許が取得できるか、実習と講義の比率、学べる分野、海外研修などを選ぶ際の基準にすると良いだろう。これらの情報は、インターネットだけでは限りがあるので、資料請求をすると良い。その学校のことが詳しく書かれているので、自分に合うかが判断できるだろう。

野菜を切る

料理で資格を取る

調理師は国家資格が必要です。この資格を目指す人の多くは調理専門学校で学んでいます。これは専門学校で1年以上学ぶことで無試験で資格を取得できるからなのです。専門学校は中卒から入学が可能です。多くの調理専門学校では国家資格と高校卒業資格の両方を取得できるコースを設置しており人気となっています。