MENU

料理で資格を取る

野菜を切る

中卒から専門学校で

料理好きで、将来は料理に関係する職につきたいと考えている人は多いでしょう。料理を作る職業で代表的なのが調理師です。調理師は、レストランやホテルの他、学校や病院等の施設の食堂で料理を作る仕事を担います。調理師は、国家資格が必要です。ただし、料理を作る仕事は調理師の資格が必須というわけではないのです。資格がなくても料理を提供することはできますが、ただし調理師を名乗ることができるのは国家試験に合格した人のみとなっています。将来自分の店を持ちたい、ホテルやレストランのトップシェフとして働きたいという希望があるなら、この資格を持つことは顧客や職場、取引先等の信頼が得られるというメリットが生まれるのです。調理師を目指すには、調理専門学校で必要な課程を修了するか、もしくは飲食店等で2年以上実務経験を積み、国家試験に合格することの二通りに分かれます。このうち支持が高いのは、調理専門学校で学ぶ方法です。専門学校は料理に必要な知識とスキルを基礎からしっかり学べるうえ、1年以上習学することで無試験で調理師の資格を取得することができるのです。また、専門学校が人気な理由の一つに、中学を卒業してすぐに学べることがあげられます。他の専門学校は高校卒業してから入学するのが一般的なことから、いち早く学べそしていち早く社会に出ることができることは魅力といえるでしょう。さらに、多くの調理専門学校では中卒で入学した人を対象に、専門学校と高校の課程の両方を学べるコースを設置し、国家資格と高校卒業資格を同時に取得できるよう図っています。これは料理の知識とスキルが学べ、同時に高校生活も体験できることから、非常に人気の高いコースです。