MENU

どんな資格か知ろう

女性

代表的な2つの種類

日本国内でバリスタになるためには、必ず取得しなければいけないという資格や国家資格といった免許はありません。ですが、代表的なバリスタの資格は存在しており、その資格を持っておけば就職時などの時、より有利に働くと考えられます。バリスタとして働きたいと考えている人は、取っておきたい資格の種類を確認して、試験を受けてみることがおすすめです。まず覚えておきたいのが一般社団法人・日本スペシャルティコーヒー協会が認めるバリスタの資格「コーヒーマイスター」です。コーヒーマイスターに合格するとコーヒーに対する、より深い知識と基本技術を習得したコーヒーマンとして認められます。2003年に誕生した新しい資格ですが国内では、バリスタになるために取っておいたほうが良いと言われている代表的な資格です。もう1種類は一般社団法人日本バリスタ協会が認める「JBAバリスタライセンス」という資格で、レベル1からレベル3、インストラクターと受験するレベルによって内容が異なります。1番最初に受けることになるレベル1は、筆記試験とエスプレッソ抽出といった実技試験を行うのが特徴です。レベル2とレベル3は必要となる条件をクリアしなければ、受験することさえできず、さらにインストラクターとなると、かなりの技術・知識が必要です。必ず取得しなければいけないということは無いものの、レベルの高い資格に合格すれば信頼も高まり、よりバリスタとして働きやすくなるでしょう。