MENU

将来を考えた学び方

女性

免許取得のため

料理を学べる専門学校に通う目的として多いのは、「調理師免許」を取得して料理に携わる仕事をしたいというケースです。飲食店で働くには特別な資格が無くても良いですが、やはり資格を持っている人のほうがより料理に対しての知識・技術が高いこともあり就職に有利と考えられます。調理専門学校の場合、料理の基礎や知識、技術が学べるというだけでなく、調理師免許を取得できるという点が魅力です。免許を取得するには試験に合格するという以外に、厚生労働大臣が指定する調理師養成施設を卒業するとう2つの方法があります。より、効率的に免許を取得したいのであれば自分で勉強する方法よりも、厚生労働大臣が指定する専門学校で学ぶ方法がおすすです。国から指定されている専門学校であれば卒業した時点で、自動的に調理師免許も取得できる仕組みになっています。一方、自分で免許に合格するとなると2年以上の実務経験を経た上で、さらに7科目の筆記試験に合格しなければいけません。社会人として働きつつ、7科目分もの教科を1人で勉強しなければいけないとなると、精神的にも身体的にも辛いと感じる人もいるでしょう。専門学校の場合、入学するまで包丁を握ったこともないという人でも、講師が手取り足取り技術を教えてくれます。卒業するまでの間に資格を取得できるくらい、料理のことを学べるのは町地専門学校の大きな魅力です。できるだけスムーズに調理師免許を取得したいという人は、卒業したら必ず資格がとれる専門学校を選ぶと良いでしょう。